シングルオリジン【ルワンダ COKOウォッシングステーション】の販売がスタートしました!

 

 

味の特徴

クリーンカップの明るい酸味、上質な甘さ。

ルワンダらしい爽やかでフルーティな味わいです。

 

3月頃にも同じCOKOウォッシングステーションの豆を取り扱っておりましたが、

前回は精製方法が【ハニープロセス】です。

今回は【ウォッシュト】になります!

 

同じ品種で同じ産地なのですが、この精製でかなり味が変わるのです。

シングルオリジンを選ぶ際にぜひ注目してほしいポイントの1つです。

 

精製方法の違い

●ナチュラル

収穫したチェリーを実のまま乾燥しその後に脱穀し中から生豆を取り出します。

均一さは欠けますが、甘味が非常に残るので、独特の風味が現れ、ワインのような味わいになります。

 

●ウォッシュト

ナチュラルとの違いは乾燥させる前に、ミューシレージ(甘味成分)と呼ばれるヌルヌルした粘液質を水で洗い流します

豆が均一で欠点豆が少ないです。

クリーンでスッキリとした味わい。

 

●パルプドナチュラル(ハニープロセス)

ウォッシュトとナチュラルの中間のような精製方法。

ウォッシュトのように果肉は除去しますが、ミューシレージを残したまま乾燥させます。

甘味を残しつつ、ウォッシュトのように均一さもある程度保てます。

なので、別名ハニー(蜂蜜のような)とも呼ばれています。

糖度の残存率によっても

  • イエローハニー:残存率50%
  • レッドハニー:残存率100%
  • ブラックハニー:残存率100%かつ糖度が高いチェリーを使用

と分かれます。

 

 

Share