スラウェシ島トラジャ地区スロトコ農園からのコーヒー豆です!

 

味の特徴

新鮮なバターのようなコクと苦味もしっかり感じられます。

深煎りでありながらほの甘く、口当たりが良いです。

産地

スラウェシ島はインドネシアの中部に位置する島。

『トラジャ』コーヒーというと耳にしたことのある方も多いと思います。

ランテカルア山は標高2,300mあり、その裾野1,450m~1,600mの地域にコーヒーは栽培されています。

昼間は気温30℃迄上昇しますが、夜は10℃程度まで冷え込み、この寒暖の差が良質のコーヒー豆が生まれる条件となっています。

 

インドネシア スラウェシ島 カロシランテカルア
■ロースト:フルシティロースト
■産地:トラジャ地区
■農園:スロトコ農園
■品種:ティピカ、S-Line
■精製方法:フリーウォッシュト
■スクリーンサイズ:17-18
■規格:G1

 

 

店頭、通販にて珈琲豆の販売も行っております。

Share