シングルオリジン【パナマ ベルリナ農園】からの珈琲豆をスタートしました。

味の特徴

チョコレートのようなスウィートな味わい。

ナチュラル製法特有のワインぽさをティピカ種の単一品種で楽しめます!

 

農園について

ベルリナ農園の名前の由来について。
農園の創始者、セグンド・ディアスは1884年10月13日にコロンビアのトリマという町に生まれました。

生後間もなく両親を亡くしたディアスを自分の子供のように育ててくれたのが、同じ町にいた心優しい女性、ベルリナ夫人であった。

1909年、27歳になった ディアスはパナマのボケテ地区のオルケタに土地を購入し、コーヒー、サトウキビ、野菜の栽培を始めました。

そして、その農園を、これまで自分を大切に育ててくれた養母の名前、「ベルリナ」と名付けました。

現在、農園のオーナーはカサ・ルイス社になっています。1997年にディアス家からルイス家が農園を買取り、現在に至る。

 

パナマ ベルリナ農園 SHB ナチュラル
●ロースト:シティロースト
●産地:チリキ県ボケテ渓谷オルケタ地区
●農園:ベルリナ農園
●精製方法:ナチュラル
●品種:ティピカ種
●スクリーンサイズ:16up
●標高:1300~1600m

 

店頭・通販にて珈琲豆の販売もしております。

Share